「忍風戦隊ハリケンジャー」#47「封印と宇宙統一」

#47「封印と宇宙統一」(仮題「覚羅 前編」)
(脚本:吉田 伸/監督:諸田 敏)

サンダールは怒りの矢をつかって、嘆きの弓をもつ午前様をさがす。
その頃、午前様は 5 人にガッカリしてとびだしてしまう。

「忍風戦隊ハリケンジャー」#47「封印と宇宙統一」
台本 役名 俳優・女優・声優/スーツアクター
「忍風戦隊ハリケンジャー」台本 椎名 鷹介/ハリケンレッド 塩谷 瞬/福沢 博文
野乃 七海/ハリケンブルー 長澤 奈央/小野 友紀
尾藤 吼太/ハリケンイエロー 山本 康平/竹内 康博
霞 一甲/カブトライジャー 白川 裕二郎/日下 秀昭
霞 一鍬/クワガライジャー 姜 暢雄/今井 靖彦
シュリケンジャー 松野 太紀/三村 幸司
日向 おぼろ 高田 聖子
日向 無限斎/ハムスター館長 西田 健
覚羅 三輪 ひとみ
首領タウ・ザント 梁田 清之
フラビージョ 山本 梓
ウェンディーヌ 福澄 美緒
サタラクラ 島田 敏/魁 将馬
サンダール 池田 秀一/蜂須賀 祐一
ナレーション 宮田 浩徳

台本と放送を比較しました(台詞やト書きの細かい違いは省略)。

  • シーン 1. 戦場
    • 台本
      1. ブルー「やっぱりそれが狙いね」
        レッド「そんなことできるかよ!」
        イエロー「みんな、反撃だ!」
      2. レッド「ハリアーソード!」
        鉄爪とハリアーソードが交わり、激しく火花を散らす。
        デザーギの動きは旋風神ハリアーを上回る。 圧倒され、ついにハリアーソードも叩き割られた。
        イエロー「ハリアーソードが!」
    • 放送
      1. レッド「何ぃ?」
        ブルー「やっぱりそれが狙いね」
        イエロー「そんなことできるかよ!いくぞ!」
      2. ハリアーソードは使わない
  • シーン 2. おぼろの研究室
    • 台本
      1. レッド「あいつ無茶苦茶、強い」
      2. おぼろ「あかん、デザーギの身体を守っとる羽は、地球のどの物質よりも固くできとる」
        カブト「なんだと……」
    • 放送
      1. 館長「まずいぞ、おぼろ。何とかならんのか」
        レッド「おぼろさん、こいつ無茶苦茶、強い」
      2. おぼろ「あかん、あいつの身体を守ってる羽は、地球のどの物質よりも固くできてんのや」
        レッド「とにかく、やるしかないってことか」
        ブルー「そんな」
  • シーン 3. 戦場
    • 台本
      1. シュリケン「ボーイたち、合体だ!」
      2. ハリケン/ゴウライ「天雷旋風神、推参!」
        レッド「いくぜ!みんな!」
        イエロー/ブルー/クワガ/カブト/シュリケン「おおっ!」
      3. レッド「アルティマストームまで効かないのかよ!」
    • 放送
      1. カット
      2. ハリケン/ゴウライ/シュリケン「天雷旋風神、推参!」
        レッド「へっ、好き放題はここまでだ。覚悟しろ」
      3. カット
  • シーン 5. 戦場
    • 台本
      1. レッド「くそっ!」
        煙幕弾を張り、姿を消す天雷旋風神。
        サンダール(舌打ち)「逃げられたか」
        鉄扇を畳み、デザーギを収納する。
    • 放送
      1. シーン 5 丸ごとカット
  • シーン 6. センティピード
    • 台本
      1. サタラクラ「さっすがサンちゃん、ボキはいつかやると思ったよ」
        フラビージョ「すごいすごい!デザーギ 120 点!」
        サンダール「だが本当の目的は奴らを倒すことではない。 御前とやらが持つ、嘆きのメダルを奪うこと」
      2. フラビージョ/サタラクラ(狐の真似をして飛び回り)「コーン、コーン!」
      3. タウ・ザントから放たれる光でサンダールの手に出現する怒りのメダル。 駆け寄るサタラクラとフラビージョ。
        サタラクラ「サンちゃん、いい目のつけどころ! ボキらもそのメダルで、奴らを捜そうと思ってたんだよね〜。 だから〜」
        フラビージョ「その作戦はみんなで一緒にやるのがいいな〜」
        サンダール「いやいや、それには及ばぬ。 まだまだお膳立て。 それが揃った時には、もちろん、同志たちの力が必要になる」
        サタラクラ「偉い!仲間を立てるなんて。 世間をわかってらっしゃる!」
        サンダール「では同志たち、失礼」
        歩き去るサンダール。
        サタラクラ「サンダールくんの健闘を祈り、バンザーイ!」
        フラビージョ/サタラクラ「バンザーイ!」
    • 放送
      1. サタラクラ「勝っちゃったよ」
        フラビージョ「私たちの立場がないよねー」
        ウェンディーヌ「うん」
        サンダール「見て頂けたかな、同志たち」
        サタラクラ「もっちろん。さっすがサンちゃん、ボキはいつかやると思ったよ」
        フラビージョ「デザーギ 120 点!すごーい!」
        サタラクラ「かっこよかったよ。惚れ惚れしちゃった」
        フラビージョ「そうそう」
        サンダール「だが本当の目的は奴らを倒すことではない。 御前とやらが持つ、嘆きの弓のメダルを奪うこと」
        サタラクラ/フラビージョ「すごーい」
      2. フラビージョ/サタラクラ(狐のお面を付けて真似をして飛び回り)「コーン、コーン!」
      3. タウ・ザントから放たれる光でサンダールの手に出現する怒りのメダル。
        カット
  • シーン 7. おぼろ研究所
    • 台本
      1. 鷹介「おぼろさん、なんで撤退なんだよ!まだ俺たちは」
        おぼろ「なこと言ったって、天雷旋風神の技さえ効かんのに、奴に対抗する手は何もないやろ!」
        鷹介「そりゃそうだけど」
        館長(呟き)「新たなステップアップが必要なのかもしれん」
      2. 鷹介「宇宙統一……」
        一甲「忍者流?」
        吼太「それっていつもシュリケンジャーが言ってた」
      3. ハッとして顔を見合わせるシュリケンと館長。
        覚羅「さあ、疾風と迅雷の極意を述べてみせよ」
        七海「極意!はーい!知ってる知ってる!」
        鷹介「あ!乱舞三重奏のことね。 ちゃんとマスターしてますよ」
        頭を抑える館長。
        一甲「うむ、我々も奥義五一巻は、全て習得している」
        頭を抑えるシュリケン。
        覚羅「無限斎、 シュリケンジャー、どういうことだ。 この者たちは、まるで疾風と迅雷の極意を理解していないようだが
      4. 鷹介「俺たち、疲れてなんてナイナイ。 あれ、違うの?」
        吼太「そうか、乱舞四重奏はまだマスターできてないんだっけ
      5. 鷹介「それも違うの?なら……(猫なで声)教えて館長」
      6. シュリケン/館長「御前様!」
        覚羅を追って奥に姿を消すシュリケン。
        七海「あーあ、怒らせちゃった」
        鷹介「なんだよあれ。こっちだって一生懸命やってるのに」
        一甲「困ったものだな」
        シュリケン(慌てて戻ってきて)「ボーイたち!大変だ」
        おぼろ「どうしたんや?」
        シュリケン「御前様が……出て行ってしまった!」
        一同「ええっ!?」
    • 放送
      1. 鷹介「おぼろさん」
        おぼろ「お帰り」
        鷹介「なんで撤退なんか!」
        一鍬「まだ負けると決まってる訳じゃない」
        吼太「そうですよ」
        おぼろ「ほんなこと言うたかて、天雷旋風神の技さえ効かんのに、奴に対抗する手は他に何もないやろ!」
        鷹介「ああっ!」
        館長(呟き)「うーん、新たなステップアップが必要なのかもしれんな」
        おぼろ「お父ちゃんまでそんな都合のええこと言うて。 誰がやると思うてんの」
      2. 鷹介「宇宙統一忍者流?」
        七海「それっていつかシュリケンジャーが言ってた」
      3. カット
        シュリケンジャー「御前様、ボーイたちは今帰ったばかりで」
        覚羅「さあ、疾風と迅雷の極意を述べてみせよ」
        おぼろ「述べてみせよ」
        シュリケンジャー「ああっ、ミスター無限斎」
        館長「えっ、いや、わしゃ知らん」
        七海「はーい!あれよあれ」
        鷹介/七海/吼太「乱舞三重奏!」
        おぼろ「イエーイ」
        鷹介/七海/吼太「イエーイ」
        おぼろ「そしてこちらは……。ハイ」
        一甲「我々も奥義五一巻は、全て習得しています」
        カット
        覚羅「無限斎」
      4. 鷹介「俺たち、疲れてなんて全くないぜ。 あれ、違うの?」
        吼太「乱舞四重奏って、あったかな
      5. 七海「なら……(猫なで声?)教えて下さい」
      6. シュリケン「御前様!御前様を怒らせて、どうするんだ」
        覚羅を追って奥に姿を消すシュリケン。
        カット
        鷹介「でも、俺たちだって一生懸命やってるのに。なあ?」
        おぼろ「みんな、そんな愚痴らんと……」
        シュリケン(慌てて戻ってきて)「ボーイたち!大変だ」
        カット
        シュリケン「御前様がいなくなった!」
        一同「ええっ!?」
        館長「探すのじゃ」
  • シーン 9. 山間部
    • 台本
      1. 飛び去っていくデザーギ。
        木の中から姿を現す鷹介、七海、吼太。一甲と一鍬。シュリケン。
        鷹介「デザーギ……あいつ!よし、さっきの仇を」
      2. シュリケン「ボーイたち、今は、一刻も早く午前様を!」
    • 放送
      1. カット。
        岩場から姿を現す鷹介、七海、吼太。一甲と一鍬。シュリケン。
        鷹介「じゃあみんな、御前様を探そう」
        一甲「俺たちはこっちを」
        七海「あ、見て」
        鷹介「あいつ!さっきの借りを返してやるぜ」
      2. シュリケン「ボーイたち、今は、一刻も早く午前様を!」
        鷹介「分かった」
  • シーン 11. 街
    • 台本
      1. ビルの上を飛翔してくる五つの光。そこから姿を現す鷹介たちと一甲たち。
        七海「どこにもいないわ」
        一鍬「前の住処も駄目だ」
        鷹介(呟き)「御前様の行きそうな場所……」
    • 放送
      1. 鷹介、七海、吼太が走って来る。
        吼太「どうやって探したら、いいんだろう」
        七海「取留めがないよね」
        鷹介「御前様、どこフラフラしてんだろう」
        一甲、一鍬が駆け付ける。
        一甲「みんな、どうだ?」
        七海「どこにもいないわ」
        一鍬「前の住処も駄目だ」
        一甲「シュリケンジャーは、まだ探してるのか?」
        吼太「御前様の行きそうな場所なんて、分かんないもんな」
        鷹介「あーあ」
  • シーン 12. ××山
    • 台本
      1. 天を覆うような巨木の下に佇む覚羅。
        覚羅(見上げ)「久しぶりだな。お前は、大きくなったな」
        ハッと気配に振り返る覚羅。
        覚羅の目の前に走ってくる鷹介、七海、吼太、一甲、一鍬。
        しかし五人には覚羅が見えず。
        覚羅「……」
        鷹介の見た目、辺りを見回すが誰もいない
      2. 鷹介、気配にジャイロシュリケンを放つとキーン!それは見えない何かにはじかれ。
        一甲「隠れ身の術、誰だ!」
        小太刀を手にした覚羅が姿を現す。
        七海/吼太「御前様!」
    • 放送
      1. 覚羅「父上、お久しぶりでした」
        天を覆うような巨木の下に佇む覚羅。
        覚羅(見上げ)「お前は、大きくなったな」
        ハッと気配に振り返る覚羅。
        覚羅の目の前に着地する鷹介、七海、吼太、一甲、一鍬。
        しかし五人には覚羅が見えず。
        覚羅「……」
        辺りを見回すが、鷹介の見た目ではない
      2. 鷹介、気配にジャイロシュリケンを放つとキーン!それは見えない何かにはじかれ。
        カット
        小太刀を手にした覚羅が姿を現す。
        吼太「御前様!」
  • シーン 14. 城跡
    • 台本
      1. 鷹介「やっぱ、ここにいたんだ!」
        覚羅「五百年前、私はここに住んでいたのだ」
        一同「!?」
    • 放送
      1. カット
        覚羅「五百年前、私はここに住んでいたのだ」
        吼太「ここにですか?」
        七海「お城の跡に、お寺が建ったんだ」
  • シーン 15. 覚羅の回想/××城/五百年前
    • 台本
      1. 小さな苗木の前に立つ、父に手を引かれた幼少の覚羅。
        額にメダルを秘めた光が輝く。
        覚羅の父「これからは、この木がお前の友だ」
        ジッと苗木を見つめている幼少の覚羅。
        覚羅の父「覚羅、どんなことがあっても泣いてはいけない。 哀しみに触れれば、お前の封印は解けてしまう」
        幼少の覚羅「はい」
    • 放送
      1. 家臣「ははは、覚羅様はお上手でございますな」
        幼少の覚羅「父上」
        覚羅の父「ははは」
        小さな苗木の前に立つ、父に手を引かれた幼少の覚羅。
        覚羅の父「もうよい、下がれ」
        家臣「は、殿」
        覚羅の父「覚羅、これからは、この杉の木がお前の友だ」
        ジッと苗木を見つめている幼少の覚羅。
        覚羅の父「どんなことがあっても泣いてはならん。 哀しみに触れれば、お前の封印は解けてしまうのだ」
        幼少の覚羅「はい」
        額にメダルを秘めた光が輝く。
  • シーン 16. 城跡
    • 台本
      1. 目を開きハッと覚羅を見る五人。
        鷹介「悲しみに触れれば、メダルの封印が解ける……」
        七海「泣くこともできず五百年も……」
        吼太「人の心に触れれば、必ず悲しみも生まれる」
        一鍬「御前様に残されてるのは、泣くこともできない孤独だけ」
        覚羅「……もうよい、忘れてくれ」
        一甲「我らは、御前様のことを……」
        突然、大木がざわめき、ハッとする一同。
        羽根ミサイルが飛来、鷹介たちの足下が爆発。
        五人の上を飛んでいくデザーギ。
      2. 鷹介「(前略)御前様は俺たちが守るしかないんだ!」
        (わかった!)と頷く一同。
        覚羅「お前たち……」
        鷹介「行くぜ、みんな!」
        鷹介/七海/吼太「忍風シノビチェンジ!」
        ハリケン「忍風戦隊ハリケンジャー、参上!」
        ゴウライ「電光石火ゴウライジャー、見参!」
        イエロー「おぼろさん!」
    • 放送
      1. 目を開きハッと覚羅を見る五人。
        七海「今のは、まさか」
        吼太「御前様の」
        一甲「今の苗木がこの木?」
        鷹介「悲しみに触れれば、メダルの封印が解かれる……」
        七海「だから泣くこともできず五百年間も……」
        一鍬「御前様に残されてるのは、泣くこともできない孤独だけ」
        吼太「人の心に触れれば、必ず悲しみは生まれる」
        一甲「我らは、御前様のことを……」
        覚羅「……もうよい、忘れてくれ」
        デザーギの声にハッとする一同の元に、デザーギが着地する。
      2. 鷹介「(前略)御前様は俺たちが守らなきゃいけないんだ!」
        カット
  • シーン 17. おぼろの研究所
    • 台本
      1. おぼろ「ええぃ!いっとけ、シノビマシン!発進!」
    • 放送
      1. 館長「御前様は泣くことを」
        おぼろ「ええぃ!もう、いっとけぃ!」
  • シーン 18. 戦場
    • 台本
      1. シノビマシンに搭乗するハリケン、ゴウライ。
        ハリケン「忍風合体、旋風神、推参!」
        ゴウライ「イカヅチ合体、轟雷神、推参!」
        デザーギと対峙する二体のカラクリロボ。
        レッド「ガトリングレオ!」
        カブト「ゴウライキャノン! くらえ、十字砲火!
        二体のロボから発射される大量の火力。
        羽根を盾として二体のロボに突っ込むデザーギ。
        二体のロボを強力な爪で軽々と吹き飛ばす。
        ハリケン(激しくコクピットが揺らぎ)「(悲鳴)」
      2. シュリケン、覚羅を守るようにサンダールの前に出現。
        シュリケン「緑の光弾、天空忍者シュリケンジャー!」
      3. サンダールの一撃がシュリケンを吹き飛ばす。
        サンダール(覚羅に)「もらった!受けよ必殺の太刀、鮫斬牙!
        サンダールの刀から発射されるエネルギー弾。
        ハリケン/ゴウライ/シュリケン「御前様!」
        覚羅「メダルよ我に力を!」
      4. サンダール(地を転げ)「ぐおっ!なんだこの力は……」
        レッド(覚羅を見て)「すげ!」
    • 放送
      1. カット
        デザーギと対峙する二体のカラクリロボ。
        レッド「ガトリングレオ!」
        カブト「ゴウライキャノン!」
        デザーギと対峙する二体のカラクリロボ。
        レッド「ガトリングレオ!」
        カブト「ゴウライキャノン!」
        二体のロボから発射される大量の火力。
        羽根を盾として二体のロボに突っ込むデザーギ。
        二体のロボを強力な爪で軽々と吹き飛ばす。
        カット
      2. シュリケン、覚羅を守るようにサンダールの前に出現。
        カット
      3. サンダールの一撃がシュリケンを吹き飛ばす。
        サンダール(覚羅に)「メダルを頂こうか
        カット
        覚羅「メダルよ我に力を!」
      4. サンダール(地を転げ)「ぐおっ!なんだこの力は……」
        カット
  • シーン 19. センティピード
    • 台本
      1. フラビージョ「あんな技があるんじゃ、近づけないじゃない!」
    • 放送
      1. フラビージョ「あんな技があるんじゃ、近づけないじゃない!」
        ウェンディーヌ「でも、ハリケンジャーは倒せるかも」
  • シーン 20. 戦場
    • 台本
      1. デザーギの鉄爪が二体のカラクリロボを吹き飛ばす。 更に蹂躙。 戦力に圧倒的な違いを感じる。
        ハリケン/ゴウライ(悲鳴)「うおおおっ!」
    • 放送
      1. デザーギの鉄爪が二体のカラクリロボを吹き飛ばす。 更に蹂躙。 戦力に圧倒的な違いを感じる。
        ハリケン/ゴウライ(悲鳴)「うおおおっ!」
        レッド「みんな頑張るんだ」
        イエロー「分かってるぜ」
        カブト「最後の最後まで」
  • シーン 21. おぼろ研究所
    • 台本
      1. モニターの旋風神、轟雷神の透視図のあちこちが赤く点滅。 別ウィンドウ内、デザーギの姿が映し出されている。
        おぼろ、懸命にキーボードを叩いているが。
        おぼろ「駄目や。 デザーギに勝てる見込みは……このままでは 0 パーセントや」
    • 放送
      1. シーン 21 丸ごとカット
  • シーン 22. 戦場
    • 台本
      1. 覚羅「あの木が……」
        消えていく覚羅の額の紋章。
        サンダール「!(メダルを見つめ)なんだ……感じる、これは……?」
        サンダール、ハッと覚羅を見ると額の紋章が消えていく。
      2. シュリケン「御前様!」
        覚羅の前に飛び込むシュリケン。 サンダールをはじき飛ばす。 崖上に着地するサンダール。
        サンダール「デザーギ!」
        デザーギから羽根ミサイルが発射され、覚羅に直進。
        覚羅「!!」
        覚羅を守る様に飛び込んでくる旋風神、轟雷神。
        その直撃を受けて大きく揺らぐ。
        ハリケン/ゴウライ(悲鳴)「ぐおおおっ!」
        次々とミサイルを受けるが、踏ん張る二体のロボ。
        覚羅「お前たち!」
        レッド「どんな時だって! 御前様を守ってみせるぜ!」
        カブト「それがこの星のためなら! 命がけで!」
      3. 覚羅「(前略)行くぞ、シュリケンジャー!」
        シュリケンジャー「イエス、御前様」
        覚羅とシュリケン、飛翔して天空神に乗り込む。
      4. 覚羅「宇宙統一忍者流、ここに極まる!」
        光り輝く天雷旋風神。 内部タービンが強烈な勢いで回転を上げていく。
    • 放送
      1. 覚羅「あの木が……」
        覚羅の額の紋章は映らない。
        サンダール「!(メダルを見つめ)なんだ……感じる、これは……?」
        サンダール、ハッと覚羅を見ると額の紋章が消えていく。
      2. シュリケン「御前様!」
        覚羅の前に飛び込むシュリケン。 サンダールははじき飛ばされない。
        サンダール「デザーギ!」
        デザーギから火炎が発射され、覚羅に直進。
        覚羅「!!」
        覚羅を旋風神の右手が守る。
        レッド「大丈夫ですか、御前様」
        シュリケン「危ない!」
        デザーギの体当たりを受けるが、踏ん張る二体のロボ。
        レッド「どんな時だって! 御前様を守ってみせるぜ!」
        カブト「それがこの星のためなら! 命がけで!」
        覚羅「お前たち!」
      3. 覚羅「(前略)行くぞ、シュリケンジャー!」
        シュリケンジャー「分かりました、御前様」
        カット
      4. 覚羅「宇宙統一忍者流、ここに極まる!」
        光り輝く天雷旋風神。 カット
  • シーン 24. 戦場
    • 台本
      1. カブト「今、俺たちの力が」
        レッド「一つになる!」
        天雷旋風神に突進してくるデザーギ。
        レッド「行くぜ、みんな!」
        一同「宇宙統一忍者流奥義、××!
    • 放送
      1. レッド「今、俺たちの力が」
        一同「一つになる!」
        天雷旋風神に突進してくるデザーギ。
        覚羅「宇宙統一忍者流奥義」
        一同「アルティマストームマキシマム!
  • シーン 25. センティピード
    • 台本
      1. サタラクラ「サンちゃん!惜しい!」
        フラビージョ「デザーギ、羽根が残った分で六点!」
        ウェンディーヌ「あの女の力、何とかしないとね」
    • 放送
      1. シーン 25 丸ごとカット
  • シーン 26. 戦場
    • 台本
      1. シュリケン「見事だったぜ、ボーイたち!」
        覚羅「私は、お前たちの力を見誤っていたようだ」
        一鍬「いや、俺たちこそ、御前様の気持ちを何も」
        吼太「俺たち、守り抜いてみせるぜ!」
        七海「五百年前から御前様が守ってきたこの星を!」
        鷹介「宇宙統一忍者流」
        一甲「確かに受け継いだ!」
    • 放送
      1. 七海「御前様、ごめんなさい。 五百年一緒だった木を」
        覚羅「もうよいのだ。 私は、お前たちの力を見誤っていたようだ」
        一鍬「いや、俺たちこそ、御前様の気持ちを何も」
        シュリケン「ボーイたち、見事だったぜ!」
        吼太「木は守れなかったけど、俺たち、守り抜いてみせます!」
        七海「五百年前から御前様が守ってきたこの星を!」
        鷹介「宇宙統一忍者流、確かに受け継ぎました!」
        一甲「うん」
        鷹介「よーし、これでジャカンジャなんて、ちょろいもんだぜ」
        七海「ねーねー、なんでそんな自信たっぷりな訳?」
        以下の掛け合いは台本になし。