「魔法戦隊マジレンジャー」#17「優しさはいらない〜ウーザ・ドーザ・ウル・ウガロ〜」

#17「優しさはいらない〜ウーザ・ドーザ・ウル・ウガロ〜」
(脚本:荒川 稔久/監督:竹本 昇)

天空聖者ルナジェルの記憶を取り戻したリン。
彼女は自分の命を鍵にして、地底冥府と地上界を結ぶ冥府門を閉ざす魔法をかけていた。
そしてリンは「優しさを捨てない限り勝てない」と、5 人に厳しい試練を課した!!

「魔法戦隊マジレンジャー」#17「優しさはいらない〜ウーザ・ドーザ・ウル・ウガロ〜」
台本 役名 俳優・女優・声優/スーツアクター
「魔法戦隊マジレンジャー」台本 小津 魁/マジレッド 橋本 淳/高岩 成二
小津 翼/マジイエロー 松本 寛也/今井 靖彦
小津 麗/マジブルー 甲斐 麻美/野川 瑞穂
小津 芳香/マジピンク 別府 あゆみ/小野 友紀
小津 蒔人/マジグリーン 伊藤 友樹/福沢 博文
マンドラ坊や 比嘉 久美子
リン/ルナジェル 山内 明日/福沢 博文
ウルザード 磯部 勉/日下 秀昭
ブランケン 江川 央生/岡元 次郎
バンキュリア 渡辺 美佐/大林 勝
ナイ ホラン千秋
メア 北神 朋美
ナレーション 玄田 哲章

台本と放送を比較しました(台詞やト書きの細かい違いは省略)。

  • シーン 2. 地底界・瞑想の場
    • 台本
      1. 不気味な呪文を唱えつつ瞑想しているウルザードの直下で大地に亀裂が走り、湧き出た暗黒オーラがまるで軟体動物のように絡みつく中、呪文が頂点に達するとジャガンシールドの眼が激しい光を放って、
    • 放送
      1. ウルザードは呪文を唱えず、湧き出た暗黒オーラがまるで軟体動物のように絡みつく中、ジャガンシールドの眼が激しい光を放って、
  • シーン 3. 小津家・魔法部屋(朝)
    • 台本
      1. 時刻は
      2. 魁とリンが睨み合う緊張感の中、マンドラ坊やが跳ねてきてリンの眼前でうっとりと、
      3. リン「あなたは私の涙を見て、薬を飲ませるのをためらった。いけない。 無理矢理にでも飲ませなければ」
        麗「魁の優しさがいらないお世話だったって言うの!?」
        リン「その通り。 戦いの中で優しさなど必要ない」
      4. 蒔人「ブレイジェル……?それが父さんの……天空聖者としての名前なんですか?」
        魁「……俺たちの父さんを知ってるのか!?」
        するとリンはきりっと振り向き、頷いた。
    • 放送
      1. 時刻は室内なので不明
      2. 魁とリンが睨み合う緊張感の中、マンドラ坊やが浮いてきてリンの眼前でうっとりと、
      3. リン「あなたは私の涙を見て、薬を飲ませるのをためらった。いけない。 無理にでも飲ませなければ」
        麗「魁の優しさがいらないお世話だったって言うの!?」
        リン「そう。 戦いの中で優しさなど必要ない」
      4. 魁「父さん……」
        麗「ブレイジェル……」
        蒔人「それが父さんの……天空聖者としての名前?」
        魁「……俺たちの父さんを知ってるのか!?」
        するとリンは振り向かず、頷いた。
  • シーン 5. インフェルシア・謁見の間
    • 台本
      1. ボロボロのナイとメアをブランケンがヨダレを垂らした巨大な冥獣に食べさせようとしていて、
      2. ナイ「ウルザード!」
        メア「いいとこにおかえりー!」
      3. ブランケン「これは……!?」
        ウルザード「遂に時が来たのだ!(後略)」
      4. ウルザード「ふ(鼻で笑い)……ン・マ様のために!」
        踵を返し、その場を去る。
    • 放送
      1. ボロボロでないナイとメアをブランケンがヨダレを垂らした巨大な冥獣に食べさせようとしていて、
      2. ナイ・メア「ウルザード!いいとこにおかえりー!」
      3. カット
        ウルザード「遂に時が来たのだ!(後略)」
      4. ウルザード「ふ(鼻で笑い)……ン・マ様のために!」
        カット
  • シーン 6. 小津家・魔法部屋
    • 台本
      1. 蒔人「ン・マ?」
    • 放送
      1. 蒔人「ン・マというのは?
  • シーン 7. 魁の想像・冥府門の前
    • 台本
      1. マントの騎士は左手から魔法のバリアを出してン・マの侵攻を防ぐ一方、右手の魔法で門を閉じていき、振り向きざまリンに何かを叫ぶ。
    • 放送
      1. マントの騎士の背後で自然に門が閉じ、振り向きざまリンに何かを叫ぶ。
  • シーン 8. 元に戻って
    • 台本
      1. リン「(頷き)封印は永遠の筈だった……ところが……」
        魁「……!」
    • 放送
      1. リン「(頷き)封印は永遠の筈だった……ところが……」
        カット
  • シーン 10. 元に戻って
    • 台本
      1. リン「……時は来た……門の鍵とともに来い……!」
        魁「何だとォ!?」
    • 放送
      1. リン「……時は来た……門の鍵とともに来い……!」
        カット
  • シーン 11. 荒野
    • 台本
      1. ウルザードが剣に語りかけていて、
        ウルザード「この体に充ち満ちた闇の魔力で、全ての決着をつけてやる」
    • 放送
      1. ウルザードが剣に語りかけず、
        ウルザード「この体に充ち満ちた闇の魔力で、全ての決着をつけてやる」
  • シーン 12. 小津家・魔法部屋
    • 台本
      1. リン「インフェルシアに魔法使いが…… ライジェルね!
    • 放送
      1. リン「インフェルシアに魔法使いが…… 奴に違いない、ライジェル!
  • シーン 13. 同・裏手の森
    • 台本
      1. リン「足手まとい!」
        魔法で軽く攻撃した。
      2. リン「勝てない。優しさを捨てない限り…… ルルド!
        ワンドで空間に縦長の長方形を描くと扉が現れ、それが開いた途端、五人は猛烈な勢いで吸い込まれて、
        芳香「やーん!何よこれーっ!?」
        あっという間に中の白い世界に五人が消えると、無情に扉が閉まり、回転式の鍵が音を立てて閉まる。
    • 放送
      1. リン「足手まとい!」
        カット
      2. リン「ルルド!ゴジカ! 勝てない。優しさを捨てない限り…… ゴル・ルルド!
        ワンドで空間に縦長の長方形を描くと扉が現れ、それが開いた途端、五人は猛烈な勢いで吸い込まれて、
        カット
        あっという間に中の白い世界に五人が消えると、無情に扉が閉まり、回転式の鍵の音はしない。
  • シーン 15. 荒野
    • 台本
      1. 照りつける日射しの中、立つウルザード。
        背景がやけにギラついて、ウルザードの黒と強烈なコントラストを見せている。
    • 放送
      1. 曇りの中、立つウルザード。
  • シーン 16. 白一色の空間
    • 台本
      1. 蒔人「だめだ、マージフォンが通じない……この中では魔法が使えないんだ……!」
      2. 芳香「でも出口ないじゃん……!
      3. レバーを回すと、遠くの壁に扉が浮かんで開き、
        芳香「ああーっ!」
    • 放送
      1. 蒔人「マンドラ!聞こえるか、マンドラ! だめだ、マージフォンが通じない……この中では魔法が使えないみたいだ……!」
      2. 芳香「でもどこにも出口ないよ……!
      3. レバーを回すと、遠くの壁に扉が浮かんで開き、
        蒔人「おい見ろ!」
        芳香・麗「え!?」
  • シーン 18. 白一色の空間
    • 台本
      1. 蒔人「いや、きっと何か別の方法が……」
      2. 魁「ダメだよ!リンでさえ勝てないかも……」
        蒔人「魁……」
        魁「感じたんだ……(後略)」
    • 放送
      1. 蒔人「いや、何か別の方法が……」
      2. 魁「ダメだよ!リンでさえ勝てないかも……」
        カット
        魁「感じたんだ……(後略)」
  • シーン 19. 荒野
    • 台本
      1. バンキュリアが現れて戦況を伺うと、ウルザードが熾烈なリンの攻撃を受けているが、大爆発の炎をに余裕で吸い取り、
        ウルザード「何をしている天空聖者、 早く本気を出せ
        バンキュリア「こんな時でもまぁだ遊んでるの?ウルザード。悪いクセね」
      2. 木の上で不思議そうに見ていた鳥が飛び立ったのをきっかけに、ほぼ同時に両者は光線技をぶつけ合った!
      3. 巨大ルナジェル「ライトニングサークル!」
        ウルカイザー、真っ二つにされる寸前に闇の力を発揮して光のロープを吹っ飛ばし、両手で回転円盤を受け止めると、猛烈な火花を散らして食い込んでくるが、遂に円盤は止まってしまい、
        巨大ルナジェル「……ライトニングサークルが破られた!?」
    • 放送
      1. バンキュリアはまだ現れず、ウルザードが熾烈なリンの攻撃を受けているが、大爆発の炎をジャガンシールドに余裕で吸い取り、
        リン「馬鹿な」
        ウルザード「何をしている?天空聖者の力とは、こんなものか
        バンキュリア「こんな時でもまぁだ遊んでるの?ウルザード。悪いクセね」
        ウルザード「ドーザ・ウル・ザザード!」
        リン「ルジラ!(よく聞き取れず)」
        ウルザード「早く本気を出せ」
      2. 鳥が飛び立ったのをきっかけに、ほぼ同時に両者は光線技をぶつけ合った!
      3. 巨大ルナジェル「ムーンライトサークル!」
        ウルカイザー、真っ二つにされる寸前に闇の力を発揮して光のロープを吹っ飛ばし、バリジャベリンで回転円盤を受け止めると、猛烈な火花を散らして食い込んでくるが、遂に円盤は止まってしまい、
        巨大ルナジェル「……ムーンライトサークルが破られた!?」
  • シーン 20. 人気のない街角
    • 台本
      1. 舞台は街角
      2. 変身解除したリンが激しく吹っ飛ばされてきてビルの壁に激突、そのまま地に落ちる。
        そこへウルザードが剣を手に迫る。
    • 放送
      1. 舞台は資材置き場
      2. 変身解除したリンがビルの壁に激突せずに地に落ちる。
        そこへウルザードが剣を手に迫る。
        ウルザード「逃げても無駄だ」
  • シーン 21. 小津家・魔法部屋
    • 台本
      1. マンドラ坊や「うひゃああっ! 大変なことになってるでござりますですぅっ! みんな早く出てきて下さ〜いっ!
    • 放送
      1. マンドラ坊や「うわああっ! 大変なことになってるでござりますですぅっ! みなみな様早く出てきて下さいでござりますですぅっ!
  • シーン 22. 白一色の空間
    • 台本
      1. 魁「……父さんだったらきっとこうだーっ!」
        四人を突き飛ばし、台を取り巻く光の柱へ突っ込んだ。
    • 放送
      1. 魁「……父さんだったらきっとこうだーっ!」
        四人を突き飛ばさず、台を取り巻く光の柱へ突っ込んだ。
  • シーン 23. 人気のない街角
    • 台本
      1. 舞台は街角
      2. ウルザード「……門の鍵よ……永遠に、消えろ!」
      3. だがそこへ四つのマジスティックが炸裂して剣を吹っ飛ばし、
      4. そこへ四人の背後からレッドがジャンプしたかと思うと、四人の組んだスクラムを足場にさらなるジャンプでウルザードにアタックし、
        レッド「マジ・マジ・マジカ!レッドファイヤースクリューアターック!」
      5. 五人、変身を解き、
        魁「優しさを信じたからさ!」
    • 放送
      1. 舞台は資材置き場
      2. ウルザード「……門の鍵よ……永遠に、消えろ!さらばだ!
      3. だがそこへ四つのマジスティックの光線が炸裂するが剣は吹っ飛ばず、さらにマジレンボールが攻撃し、
      4. そこへ四人の背後からレッドがジャンプしたかと思うと、ピンクとブルーの組んだスクラムとグリーンとイエローの組んだスクラムを足場にさらなるジャンプでウルザードにアタックし、
        レッド「ジー・ジー・ジジル!マジパンチ! マジ・マジ・マジカ!レッドファイヤースクリューアターック!」
      5. 魁、変身を解き、
        魁「優しさを信じたからさ!」
  • シーン 24. 魁の回想
    • 台本
      1. 魁が光の柱の中で燃え上がりながら絶叫しつつレバーを回すと、「魁!」と四人が叫ぶ中で扉が開いてまず魁を包んでいた炎が扉に吸い込まれるように消え、
        蒔人「!?これは……!」
        麗「魁!」
        芳香「うそ……何でへーきなの?
        魁「思った通りだぜ!」
        すると今度は五人も扉に吸い込まれた!
    • 放送
      1. 魁が光の柱の中で燃え上がりながら絶叫しつつレバーを回すと、「魁!」と四人が叫ぶ中で扉が開いてカット
        蒔人「!?これは……!」
        翼「どうなってんだ!?」
        麗「魁!」
        芳香「何が起こったの?
        魁「思った通りだ!」
        カット
  • シーン 25. 現実に戻って
    • 台本
      1. リン「……正解 ……でも私の優しさを信じたのなら、あなたはやはり甘い!(後略)」
      2. リン「……私……辛かった…… ずっとずっと、無理して優しさを否定して……」
      3. リン「しまった!鈴が!」
        五人が「リン!」と駆け寄る中、地鳴りが響き、地割れとともに地底から巨大な冥府門がゆっくりと頭を出してせり上がってくる。
        リン「……め……冥府門が……!」
        ビル群を薙ぎ倒し、周囲の超高層ビルよりも高く聳えていく冥府門。
        その影響で持ち上げられた首都高速の高架から次々と車が落ちる。
        麗「……これが……冥府門……!?」
        翼「でかい……でかすぎる……!」
        それでもなおビルを破壊してスパークを巻き起こしながら冥府門はせり上がり、
        ウルザード「……準備は整った(リンに)あとは貴様を亡き者にしてあれを開くだけだ!」
        冥府門の上部にあったレリーフが自然に実体化してガーゴイルとなり、絶望を与えるような咆哮を上げて、
        ウルザード「……出たか、地獄の門番・ガーゴイル ……五色の魔法使いどもと、せいぜい遊んでやれ」
        リンを拉致すると、描いた魔法陣の中へと消えていく。
        魁「リン!」
        追おうとしたが巨大なガーゴイルが立ちはだかり、五人を蹴散らす。
        蒔人「こいつを倒しておいかけよう!」
        五人、呪文を唱えて巨大化すると、さらにマジキングに合体し、ガーゴイルと戦う。
        だがガーゴイルはキングカリバーもものともせず、三つ叉フォークの超弩急攻撃を炸裂させてマジキングを冥府門に叩きつける。
        ピンク「何この冥獣?すごいパワー」
        レッド「こんな奴、さっさと倒してリンを助けに行かないと」
      4. ブルー「きゃ!」
        イエロー「こいつ、いつかのムチャクチャ強い奴だ!!」
        巨大ブランケン「ふふふふ……我こそは凱力大将ブランケン! 来たぜ魔法使いども! ははははは! 地上はもうあと僅かで俺たちのものだ!」
    • 放送
      1. リン「……うん ……でも私の優しさを信じたのなら、あなたはやはり甘い!(後略)」
      2. リン「……私……辛かった…… ずっとずっと、優しさを無理して否定して……」
      3. リン「しまった!鈴が!」
        魁「リン!」
        五人が駆け寄らない中、地鳴りが響き、地割れとともに地底から巨大な冥府門がゆっくりと頭を出してせり上がってくる。
        ビル群を薙ぎ倒し、周囲の超高層ビルよりも高く聳えていく冥府門。
        その影響で持ち上げられた首都高速の高架から車は落ちない。
        リン「……冥府門……!」
        翼「でかい……でかすぎる……!」
        麗「……あれが……冥府門……!?」
        それでもなおビルを破壊してスパークを巻き起こしながら冥府門はせり上がり、
        バンキュリア「おお、遂に冥府門が!」
        芳香「まさか、このまま門が開いちゃうの?」
        リン「いえ、まだ私の……」
        蒔人「見ろ!」
        冥府門の上部にあったレリーフが自然に実体化してガーゴイルとなり、絶望を与えるような咆哮を上げて、
        魁「リンを放せ!」
        ウルザード「……準備は整った(リンに)あとは貴様を亡き者にして冥府門を開くだけだ!」
        魁「何だと!?」
        リンを拉致すると、描いた魔法陣の中へと消えていく。
        ウルザード「地獄の門番・ガーゴイル ……五色の魔法使いどもと、せいぜい遊んでやれ」
        カット
        五人、呪文を唱えて巨大化すると、
        レッド「兄ちゃん姉ちゃん!さっさとあいつを倒して、リンを助けに行くぜ!」
        四人「おう!」
        さらにマジキングに合体し、ガーゴイルと戦う。
        ピンク「何この冥獣?すごいパワー」
        レッド「こんなところでモタモタしてられねえんだ!」
        だがガーゴイルはキングカリバーもものともせず、三つ叉フォークの超弩急攻撃を炸裂させてマジキングを冥府門に叩きつける。
        レッド「負けてたまるか!」
      4. イエロー「こいつ、いつかのムチャクチャ強い奴だ!!」
        ピンク・ブルー「きゃ!」
        バンキュリア「ああブランケン様」
        巨大ブランケン「ふふふふ……我こそは凱力大将ブランケン! 今度こそ覚悟しろ魔法使いのガキども! ははははは! 地上はもうあと僅かでインフェルシアのものだ!」
  • お楽しみコーナー
    • 台本
      1. マンドラ坊や「(前略)ぼぼぼぼくちん、一体どうすれば〜?」
    • 放送
      1. マンドラ坊や「(前略)一体どうすれば〜?」