「魔法戦隊マジレンジャー」#47「君にかける魔法〜ルルド・ゴルディーロ〜」

#47「君にかける魔法〜ルルド・ゴルディーロ〜」
(脚本:横手 美智子/監督:渡辺 勝也)

絶対神ン・マが復活!
戦いに備えて、ヒカルは天空聖界に戻らなければならなくなった。
ヒカルを想う自らの心に苦しむ麗。
そしてヒカルも……。
ひとり悩むヒカルに、深雪はかつての自分と勇のことを語った。

「魔法戦隊マジレンジャー」#47「君にかける魔法〜ルルド・ゴルディーロ〜」
台本 役名 俳優・女優・声優/スーツアクター
「魔法戦隊マジレンジャー」台本 小津 魁/マジレッド 橋本 淳/高岩 成二
小津 翼/マジイエロー 松本 寛也/今井 靖彦
小津 麗/マジブルー 甲斐 麻美/野川 瑞穂
小津 芳香/マジピンク 別府 あゆみ/小野 友紀
小津 蒔人/マジグリーン 伊藤 友樹/福沢 博文
ヒカル/マジシャイン 市川 洋介/岡元 次郎
スモーキー 草尾 毅/竹内 康博
マンドラ坊や 比嘉 久美子
小津 勇 磯部 勉
小津 深雪 渡辺 梓
スノウジェル 藩 恵子
リン 山内 明日
バンキュリア 渡辺 美佐/大林 勝
ナイ ホラン千秋
メア 北神 朋美
ダゴン 大塚 明夫
スレイプニル 梅津 秀行
スフィンクス 寺瀬 今日子
ン・マ 浪川 大輔
ナレーション 玄田 哲章

台本と放送を比較しました(台詞やト書きの細かい違いは省略)。

  • シーン 1. 小津家・庭
    • 台本
      1. 舞台は小津家・庭
    • 放送
      1. 舞台は海辺
  • シーン 2. 魔法部屋
    • 台本
      1. 全員が朝食を摂っている。
        翼、物珍しそうに、全員を眺めている。
        麗「どうしたの、翼」
        翼「家族全員が揃うのって、よく考えたら 15 年ぶりなんだよな。 なのに、全然、ヘンな気がしないからさ」
        蒔人「そりゃそうさ。 家族だからな」
        芳香、フォークでアニキサラダのカリフラワーを突き刺して、ティターンのことを思い出している。
        芳香「(小さく)アフロくん……」
        蒔人「(気づいて)芳香!どうだ、アニキサラダ・ファミリーデラックスは。 どんどん食え!」
        芳香「(も蒔人の気持ちに気づいて)うん!」
        カリフラワーにかぶりつく。
        勇の隣に座っている魁は緊張した様子で、
        魁「あの、父さん。牛乳とかいかがですか?」
        勇「いや、いい」
        魁「……すみません」
        深雪「お父さんは冷たいの苦手なのよ。 お腹がごろごろするって」
        勇「ホットミルクなら好きなんだ」
        深雪「魁。あなたも前は、温めてお砂糖入れないと飲まなかったのよ。 お父さんに似たのかしらね」
        マンドラ坊や、うっとりと団らんを眺めて、
        マンドラ「この団らんの空気、僕ちんの葉っぱに最高の栄養でござりますです〜。 は〜染みる〜」
        スモーキー「そうかにゃー?」
        勇、改まった表情となり、
        勇「みんなに言っておきたいことがある。(後略)」
      2. ヒカル「僕はマジトピアに戻る。 たぶん、二度とここには戻ってこれないと思う——」
        全員(ヒカル・勇・深雪以外)「ええっ」
        ヒカル「これまでありがとう。君たちのことは忘れない」
        つくった笑みで、前髪をかき上げる。
        麗「うそ……」
        麗の足元に、牛乳がこぼれ続けている。
    • 放送
      1. 全員「いただきまーす」
        全員が朝食を摂っている。
        カット
        勇、改まった表情となり、
        勇「みんなに言っておきたいことがある。(後略)」
      2. ヒカル「僕はマジトピアへ戻る。 たぶん、二度とここへは戻ってこれないと思う——」
        全員(ヒカル・勇・深雪以外)「ええっ」
        麗の足元に、牛乳がこぼれる。
        ヒカル「これまでありがとう。君たちのことは忘れない」
        カット
        麗「うそ……」
  • シーン 4. インフェルシア・神々の谷
    • 台本
      1. ダゴン、スレイプニルの前にスフィンクス。
        スレイプニル「話とは何だ」
        スフィンクス「絶対神が完全な状態になるまで、まだ間があります。 その前に話しておきたいのですが——」
        スレイプニル「(焦れて)だから何だ! ン・マ復活が成った今、我々に何の憂いも迷いもない!」
        スフィンクス「まさに迷いであり、謎なのです」
        スレイプニル「なに?」
        ダゴン「……」
        スフィンクス「イフリート、サイクロプス、ゴーゴン、ドレイク、そして、トード。ワイバーン。 これほどの神が魔法使いたちに倒されました。 ですが、そのきっかけは我々が地上界に神罰を下そうとしたこと。 今後も神罰は下すべきなのでしょうか」
        こっそり聞いていたナイ & メアが「どういうこと?」と顔を見合わせる。
        ダゴン「スフィンクス。おまえ……?」
        スフィンクス「人間は我々にはないものを持っています。 勇気、絆、どれも実に興味深いものです。(後略)」
      2. スレイプニル、槍で苛立たしく地面を突き鳴らす。
        反動で、ぴょんと飛び上がるナイ & メア。
      3. 光の中から現れるン・マの威容。
        噴き出す「気」にナイ & メアは吹き飛ばされそうになる。
        自然とひざまずき、頭を垂れる 3 神。
        ン・マの体のはしはまだ石版から脱けきらず、不定形に揺らめいている。
        ン・マ「狂おしや……我が内に宿りし、虚無と飢餓」
        ン・マ、3 神を一渡り眺めると、ぬうっとスフィンクスに顔を近づけた。
        ン・マ「スフィンクス、我が名と力によりて、神罰執行を命じる。 地上の些末な命でかまわぬ、ひとときなりと私を満たせ」
        開いた口の中には漆黒の闇が広がっている。
    • 放送
      1. ダゴン、スレイプニルの前にスフィンクス。
        スレイプニル「話とは何だ」
        カット
        スフィンクス「人間は我々にはないものを持っています」
        こっそり聞いていたナイ & メアが「どういうこと?」と顔を見合わせる。
        スフィンクス「勇気、絆、どれも実に興味深いものです。(後略)」
      2. スレイプニル、槍で苛立たしく地面を突き鳴らす。
        反動で、よろめくナイ & メア。
      3. 光の中から現れるン・マの威容。
        カット
        自然とひざまずき、頭を垂れる 3 神。
        ン・マの体のはしはまだ石版から脱けきらず、不定形に揺らめいている。
        カット
        ン・マ「スフィンクス、我が名と力によりて、神罰執行を命じる。 地上の些末な命でかまわぬ、ひとときなりと私を満たせ」
        カット
  • シーン 5. 魔法部屋
    • 台本
      1. ヒカル「(感慨深げに)これが見納めか」
        ヒカル、手に旅行鞄を持って、部屋の様子を眺めている。
        マンドラ坊や「ヒカルちん……」
      2. ヒカル「違う。 君たち五人はすでに立派な魔法使いだ。 むしろ僕のほうが多くのことを教わった」
      3. マンドラ坊や「それは大変でござりますです。 僕ちんも手伝うでござりますです〜」
      4. 麗「よかった!うれしい!」
        暖炉から姿を消す二人を、マンドラ坊やとスモーキーがプラットフォームに通じる扉から顔を出す。
        さらに、回廊の上に他の四人も顔を出して、
        蒔人「歯がゆいったらないな!」
      5. 蒔人「よし!ここはみんなで影からこっそり応援だ!」
        スモーキー「それって盗み見じゃん」
        4 人とスモーキー、マンドラ坊や、出かけていく。
    • 放送
      1. カット
        ヒカル、手に旅行鞄を持って、写真立てを眺めている。
        カット
      2. ヒカル「(首を振り) 君たち五人はもう立派な魔法使いだ。 むしろ僕のほうが多くのことを教わった」
      3. マンドラ坊や「それは大変でござりますです。 僕ちんも手伝うでござりますです〜」
        スモーキー「おう、急げ」
      4. 麗「よかった!うれしい! そうと決まったら、おしゃれしなくちゃ」
        暖炉から姿を消す二人を、マンドラ坊やとスモーキーがプラットフォームに通じる扉から顔を出す。
        マンドラ坊や「よかったでござりますです」
        スモーキー「全く世話が焼けるにゃー」
        さらに、回廊の上に他の四人も顔を出して、
        蒔人「かゆい、かゆい、かゆい。 歯がゆいったらないな!」
      5. 蒔人「よし!ここはみんなで影からこっそり応援だ!」
        蒔人・芳香・魁「おうおう!」
        スモーキー「それって盗み見じゃん」
        カット
  • シーン 7. 動物園
    • 台本
      1. 正門から入ってくるヒカルと麗。
      2. 麗「動物園。地上のいろいろな生き物が見られるの。 あ、ほら、熊!あれと同じ種類に、魁が襲われたの
        ヒカル「あれが熊かぁ。スモーキーより強そうだなぁ」
      3. 猿山を見て、
        ヒカル「(ついつい顔真似)」
        流し目をくれるキリンを見て、
        ヒカル「翼に似てるね」
        気取って歩くダチョウを見て、
        ヒカル「あれは芳香だね」
        きょとんと首をかしげるレッサーパンダを見て、
        ヒカル「これは魁かな」
        カバの欠伸を見て、
        ヒカル・麗「(同時に)蒔人!/お兄ちゃん!」
        蒔人「なにぃ!?」
        飛び出しかけて、みんなに止められる。
      4. 存分に堪能したあたりで、ポップコーンの屋台を見つけ、ヒカルを引っ張っていこうとする麗。
      5. 老人「いやいや。君たちを撮らせてほしいんだ」
        麗・ヒカル「えっ?」
      6. 蒔人・芳香・翼・魁・スモーキー・マンドラ、「なにぃーっ!?」と飛びだしそうになる。
      7. 麗「(前略)だって……ヒカル先生のことが好きだから!」
        ヒカル「ダメだ。そんなこと言っちゃ。僕は……」。
      8. 魁「何でだよ!」
        ヒカル・麗「みんな!?」
      9. ヒカル「う(らら)……」
        口を開こうとしたところに、闇のオーロラが現れた。
    • 放送
      1. 動物園に行く前に、ピアノを引く麗。
        正門から入ってくるヒカルと麗。
      2. 麗「動物園。地上のいろいろな生き物が見られるの」
        カット
      3. 麗「あ、ほら虎!猿!」
        猿山を見て、
        ヒカル「(ついつい顔真似)」
        麗「鷲!」
        ヒカル「翼に似てるね」
        麗「フラミンゴ!」
        ヒカル「あれは芳香だね」
        麗「ペンギン!」
        ヒカル「これは魁かな」
        麗「ゴリラ!」
        ヒカル・麗「(同時に)蒔人!/お兄ちゃん!」
        カット
      4. 存分に堪能したあたりで、「お待たせ」と飲み物を持ってくるヒカル。
        麗「ありがとう。温かい」
      5. 老人「いやいや。君たちを撮らせてほしいんだ」
        「えっ?」
      6. 蒔人、「なにぃーっ!?」と飛びだしそうになる。
      7. 麗「(前略)だって……ヒカル先生のことが好きだから!」
        一同「!」
        ヒカル「ダメだ。そんなこと言っちゃ。僕は……」。
      8. 魁「何でだよ!」
        ヒカル「みんな!?」
      9. ヒカル「……」
        口を開こうとしたところに、闇のオーロラが現れた。
        魁「あれは」
  • シーン 8. 街中
    • 台本
      1. ライオン砲を構えるスフィンクス。
        巨大スフィンクス「私の名前は冥府神スフィンクス。 絶対神ン・マの命によりて、神罰を執行する」
        ライオン砲が超巨大な光弾をビル街に発射。
        だが、マジレジェンドがそれを上空にはじき飛ばす。
        L レッド「おまえか!」
        巨大スフィンクス「くっ!来たか、魔法使い!」
      2. ライオンの腕を突き出し特攻してくる巨大スフィンクス。
        ライオンの口とマジレジェンドのライオンが咬みあう。
        圧し負けて、吹っ飛ばされるマジレジェンド。
        シャイン「みんな!」
        トラベリオンに、ライオン口から超光弾発射。
        もんどり打って倒れるトラベリオン。
        マジレジェンド、起きあがりながら、
        L レッド「なんでだよ。 ひょっとしてお前は、少しは話せる奴だと思ったのに!」
      3. シャイン「僕の大切な教え子たちを! デストラクションファイアー逆噴射!!」
      4. 巨大スフィンクス「ライオニック・ブレイド!(仮)」
        腕の刃が立ち上がり、炎を両断した。
        シャイン「なにっ?」
    • 放送
      1. カット
        巨大スフィンクス「来たか、魔法使い!」
      2. カット
        L レッド「お前は、少しは話せる奴だと思ったのに!」
      3. シャイン「デストラクションファイアー逆噴射!!」
      4. 巨大スフィンクス「ライオニック・ブレイド!」
        腕の刃が立ち上がり、炎を両断した。
        巨大スフィンクス「食らえ!」
  • シーン 9. 街
    • 台本
      1. 6 人の前に、スフィンクス、等身大になって現れる。
        スフィンクス「インフェルシアは、地上界に何の価値も見いださない。 よって、私が片付ける」
        イエロー「冗談じゃねえ!勝手に決めんな!」
        スフィンクス「もう遅いのだ! 絶対神ン・マが転生したからには、私の力ではどうにもならん!」
        レッド「俺たちのことは俺たちが決める!」
        レッドがスフィンクスに斬りかかった。
        スフィンクス「(受け止めて)おまえたち、その弱さでン・マに敵うと思ってるのか!」
        はじき返し、超ライオン砲を発射。
      2. ブルー「その思いがある限り、私たちは負けない!」
      3. ゆっくりと立ち上がると、
        スフィンクス「やはり、おまえたちはおもしろい。 もし、思いが運命を左右するなら……あるいは、奇跡が……」
      4. スモーキー「ダンナ!何言う!俺様がついてるにゃ!」
      5. 麗、その場にぺたんと座り込む。
    • 放送
      1. 6 人の前に、スフィンクス、等身大になって現れる。
        カット
        スフィンクス「おまえたち、その弱さでン・マに敵うと思ってるのか!」
        攻撃されていないのではじき返さず、超ライオン砲を発射。
      2. シャイン「麗」
        ブルー「その思いがある限り、私たちは絶対負けない!」
      3. 最初から立っていて(台本にも倒れる描写なし)、
        スフィンクス「もし、思いが運命を左右するなら……あるいは、奇跡が……」
      4. 魁「何言ってんだよ、ヒカル先生」
        蒔人「俺たちがついてるじゃないですか」
      5. 麗、手すりにしがみつく。
  • シーン 10. インフェルシア・神々の谷
    • 台本
      1. 裁きの石版が不穏に明滅している。
        スレイプニル「スフィンクスが神罰執行を放棄して逃げおった」
      2. ナイ & メア、「ひええええ」と抱き合う。
        ダゴン「妖幻密使よ、奴の世界『賢者の夜』へ案内しろ」
      3. 粉塵の向こうから、ン・マが現れ、地面に立つ。
        ン・マ「……」
    • 放送
      1. 裁きの石版が不穏に明滅していない。
        スレイプニル「スフィンクスが神罰執行を放棄して逃げおった」
      2. ナイ & メア、「ひええええ」と肩をすくめる。
        ダゴン「妖幻密使」
        ナイ & メア「はい」
        ダゴン「奴の世界『賢者の夜』へ案内しろ」
      3. 粉塵の向こうから、ン・マが現れ、地面に立つ。
        ン・マ「×××(聞き取れず)、迸る……疼き、掻きむしる…… 我が内に虚無と飢餓が逆巻いている」
  • シーン 11. 海辺
    • 台本
      1. 突堤に座って考え込んでいるヒカル。
        スモーキー、ヒカルの表情をうかがっているが、何も言えずに、しょんぼりうなだれる。
    • 放送
      1. 砂浜に座って考え込んでいるヒカル。
        スモーキー「ダンナ……」
  • シーン 12. 小津家・魔法部屋
    • 台本
      1. ヒカル「僕は……麗を傷つけることが怖かった。 縛っちゃいけないと思っていた。 だけど、それは間違いだった。 勝手に想像して、勝手に怖がっていただけなんだ。 麗の強さを、僕は全然理解できてなかった!」
        麗の表情が次第に希望に輝いていく。
      2. 蒔人「おい。 ヒカル先生が義理の弟になるってことか?」
    • 放送
      1. ヒカル「僕は……麗を傷つけるのが怖かった。 縛っちゃいけないと思った。 だけど、それは間違いだった。 勝手に想像して、勝手に怖がっていただけだった。 僕は、麗の強さを全然理解できてなかった!」
        麗の表情は変わらない。
      2. 蒔人「これで、 ヒカル先生が義理の弟になるってことか?」
  • シーン 13. 魔法教会
    • 台本
      1. 芳香、翼と魁のおしりをつねりあげる。
      2. スモーキー「(前略)ずっと愛し続けることを誓う?」
        ヒカル「誓います」
        スモーキー「(前略)ずっと愛し続けることを誓う?」
        麗「誓います」
        二人、指輪を交換する。
      3. スモーキー「ではでは、誓いのチューだにゃ」
        麗「えっ」
        ヒカル「それは、ちょっと」
        スモーキー「何言ってんだ。(後略)」
      4. 二人照れるが、覚悟を決めて、顔を近づけようとしたとき—— 突然、天井のステンドグラスが割れ、何かが落ちてくる。
    • 放送
      1. 芳香、翼と魁のをつねりあげる。
      2. スモーキー「(前略)ずっと愛し続けることを誓うにゃ?」
        ヒカル「誓います」
        スモーキー「(前略)ずっと愛し続けることを誓うにゃ?」
        麗「誓います」
        スモーキー「それでは、指輪の交換を。ニャーメン」
        二人、指輪を交換する。
      3. スモーキー「ではでは、誓いのチューだにゃ」
        ヒカル「それは、ちょっと」
        麗「うん」
        スモーキー「何言ってるにゃ。(後略)」
      4. 二人照れるが、覚悟を決めて、顔を近づけようとしたとき—— 突然、扉が開き、誰かが入ってくる。
  • シーン 14. マルデヨーナ世界「賢者の夜」
    • 台本
      1. スフィンクス「(前略)これも冥府神であることの悪しき定め」
        スレイプニル「悪しき定めだと?そこまで堕ちたか」
      2. ダゴンの銛がスフィンクスを貫いた。
    • 放送
      1. スフィンクス「(前略)これも冥府神であることの悪しき定め」
        カット
      2. ダゴンの銛がスフィンクスを斬った。
  • シーン 15. 魔法部屋の教会
    • 台本
      1. 魁「しっかりしろ、リン! 一体、どうしたっていうんだ!?
      2. 全員「ええっ?/なにっ?」
        勇「なぜ、こうも早く。ン・マの力を見誤ったか……!」
    • 放送
      1. 魁「しっかりしろ、リン! 一体、何があったんだ!?
      2. 全員「ええっ?/なにっ?」
        カット